単調な基本稽古の中に強くなる極意が有る。技の中では無い。
 基本は、何万回、何十万回遣って行く内に叩き方、蹴り方、動き方、間合いの取り方、そう言うものを覚えて来る。其れは単調な稽古だ。毎日同じ事を遣るのだから。
 空手と言うのは心身を強くするのが目標で有り、其の事を踏まえて精進して貰いたい。其して、武道空手で有る事を忘れ無いで居て貰いたい。
 武の道に於いては、千日を初心とし、万日の稽古を以て極めとする。

 聖士會館館長が何時も仰っている言葉であり、基本技の一番下にも書かれている。正に武道空手である聖士會館空手道は一生を掛けて学び、心を大きく強くすると信じて止まない。
 空手は沖縄が発祥であり、古武道に近い聖士會館空手は空に手の意味、 そして空は陰、無限に拡がる手の開放で有り、武の道に於いては心を無にする事である。
 丹田から湧き上がるエネルギーを押し殺す様に、「風の様に空気の様に成る事。」其れは透明体になり、目で見るのでは無く、心の目で感じる事であり、相手の先の先を取り、出来るなら相手が動く前に行動するように仕掛け、一撃必殺で捌き崩し、極める事を理想として日々の稽古に励んで行きたい。
  数々の素晴らしい理論を学びながら、実践出来るか出来ないか分からない超難問に人生を通して挑戦するという大きな目標を持つ事が出来た。
 
 又、聖士會館空手道と言う武道を通して、礼儀作法で心を穏やかに、そして骨法を学び、正食を志し、本当の意味での心身共健康を目指し、心を育てて行きたい。
 
  この頁は自分の曖昧な記憶を確かにする為の手記でも有る。
 


 

 

更新日2008/01/09       Copyright SANKICHI Established 2005.9.24 All rights reserved.    

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー